貨物運送業とは

貨物運送業とは他人の所有している貨物を預かって運び賃金をもらう業務です。

日本においては貨物運送業を営むために国土交通大臣の認可が必要となります。

そして国土交通大臣の許可を得るには貨物自動車運送事業法に定められた3つの要件を満たさなければなりません。

  1. 事業を進めていくために必要な資金を確保しているか。
  2. 運行管理者・運行管理補助者・整備管理者および運転者の人材は確保しているか。
  3. 営業所・休憩施設・睡眠施設および車庫の土地は確保しているか。

まずはこの3つの要件を満たせるかどうか確認の上、申請手続を進めていきます。

貨物運送業の種類

法律上では運送業は大きく3種類に区別されています。

一般貨物自動車運送事業特定貨物自動車運送事業以外の事業
特定貨物自動車運送事業特定の依頼主からの荷物を預かって配送する事業
貨物軽自動車運送事業軽貨物自動車を使用し貨物を運ぶ事業

玉藻行政書士事務所では新規申請の報酬額は410,400円(税込)から承っております。

ご気軽にお見積りのご依頼をください。

またすでに運送業を営まれている方で、事業計画の変更の申請が必要な場合もご相談ください。事業計画の変更については下記のコラムを御覧ください。

事業計画の変更の届出一覧表【一般貨物自動車運送事業】

お問い合わせフォーム

どうぞご気軽にご質問ください。見積もり依頼もこちらから。

必須お名前
必須ふりがな
必須メールアドレス
任意電話番号
任意郵便番号
任意都道府県
任意ご住所
必須お問い合わせ内容

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

LINEでもっと気軽にお問い合わせ

下記のQRコードを読み取ってください。

Twitterでさらに気軽にお問い合わせ

フォローしなくてもDMをお送りいただけます。

関連コラム記事

一般貨物自動車運送事業の申請でご用意いただく書類一覧運行管理者試験合格への道~実際の勉強方法編~運行管理者試験合格への道~試験対策編~運行管理者試験合格への道~基礎講習のレポート編~運行管理者試験合格への道~受験の手続き編~運行管理者試験合格への道~はじまり~事業拡大では定款の変更を忘れずに【一般貨物自動車運送事業】事業計画の変更の届出一覧表【一般貨物自動車運送事業】車庫はバラバラの場所でも大丈夫か【一般貨物自動車運送事業】貨物車は普通と小型の合計で5台でも大丈夫か?【一般貨物自動車運送事業】 一般貨物自動車運送事業を始めるための4つの大前提を分かりやすく解説アメリカのトラック運転手の怖い話アメリカ心理学者推奨の『攻撃的な運転手』の対処法宅配便の送り状に電話番号を書かなくてはいけないのか?法律上はどうなのか調べてみました!標準宅配便運送約款とは? 分かりやすく解説します睡眠不足を客観的にチェックするたった1つの方法【カフェイン以外】眠気覚ましに効果的なサプリメントとは【厳選4種類】【仮眠】絶対おすすめの眠気解消方法パワーナップとは【ドライバー必見】流通と物流の違いとは?【イラスト付きですぐ分かる】