【速攻理解!】緑ナンバーと黒ナンバーの取得方法

緑ナンバーと黒ナンバーは事業用自動車についているナンバープレートのことを指します。営業用自動車、青ナンバー、営業ナンバーとも呼ばれています。

このナンバープレートがついている車両は自家用と比べて税金が安いことから興味がある事業者の方が多くいらっしゃるようです。

しかしながら全ての事業で使用される車両が緑ナンバーや黒ナンバーを取得できるわけではありません

ではどのような事業なら緑ナンバーや黒ナンバーを取得できるのでしょうか。

緑ナンバーと黒ナンバーでは事業が違います

お気づきの方も多いと思いますが、緑ナンバーは普通車以上の排気量の車両やバイクにつけるものであり、黒ナンバーは軽自動車につけます。

そして取得するための事業もそれぞれ違います。

緑ナンバーを取得できる事業

緑ナンバーはずばり自動車運送事業を行っていれば取得できます。

自動車運送事業とは
道路運送法第2条により、自動車運送事業とは旅客自動車運送事業および貨物自動車運送事業のことを指します。

逆に言えば旅客自動車運送事業貨物自動車運送事業を行う際に使用する車両は緑ナンバーを付けなければなりません。

まず旅客自動車運送事業とは

旅客自動車運送事業とは
他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業のことを指します。

旅客自動車運送事業は具体的には以下のような事業があります。

  • 路線バス
  • 高速バス
  • 観光バス
  • 貸切バス
  • 送迎バス
  • 一般タクシー
  • 乗合タクシー
  • ハイヤー
  • 介護タクシー

簡単にいうと『お金をもらってを運ぶ事業』です。

これらの事業を行うものはそれぞれ国土交通大臣の許可を受ける必要があります。その許可を受ける条件のひとつが緑ナンバーの車両の使用となっているわけです。

許可には多くの条件をクリアする必要があり(多くの場合は行政書士に許可申請の代行を依頼します)それなりの費用もかかってしまいます。

注意
送迎バスや介護タクシーなどでも有償の定義から外れるものについては緑ナンバーは取得できません。

次に貨物自動車運送事業とは

貨物自動車運送事業とは
他人または特定の者の需要に応じ、有償で、自動車を使用して貨物を運送する事業のことを指します。

一般的にはトラック運送事業などとも呼ばれています。

貨物自動車運送事業は具体的には以下のような事業があります。

  • トラック輸送
  • 宅配便
  • 特別積合せ
  • 霊柩車
  • 引越輸送

簡単にいうと『お金をもらってを運ぶ事業』です。

こちらも事業を行うには国土交通大臣の許可が必要です。

貨物自動車運送事業はさらに一般貨物自動車運送事業、特定貨物自動車運送事業、貨物軽自動車運送事業の3つに分類できますが、最後の貨物軽自動車運送事業については緑ナンバーではなく黒ナンバーを取得することになります。

黒ナンバーを取得できる事業

前述の貨物自動車運送事業において説明した通り、黒ナンバーを取得するためには貨物軽自動車運送事業の届出をすることになります。

貨物軽自動車運送事業も貨物自動車運送事業の一つですが、軽自動車のみを使うという点で他のものとは異なっています。

貨物軽自動車運送事業とは
他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。)を使用して貨物を運送する事業のことを指します。

簡単にいうと『お金をもらって軽自動車を運ぶ事業』です。

貨物軽自動車運送事業では、許可ではなく届出をすれば良く、また車両一台からでも営業できるので敷居がとても低くなっています。

また使用できる軽自動車は軽貨物に限られ、軽乗用は使用できません。(構造変更をして軽貨物にする必要があります)

ちなみバイクでも貨物軽自動車運送事業の届出をすることができます。しかしナンバープレートの色は緑色です。

黒ナンバー・緑ナンバーを取得するとお得なのか

結論から申し上げますと、あまりお得とは言えません。

黒ナンバーに限らず緑ナンバーも税金が自家用と比べて安いのは確かですが、任意保険の保険料が割高になっています。また車検も自家用より頻度が高く費用が多くかかります。

事業で使用される車両は乗用車よりも多くの距離を走るため事故や故障を防ぐためのコストを多く支払う必要があります。税金の優遇はあくまでコストとのバランスを取るためにあると考えると良いでしょう。

まとめ

  • 緑ナンバーや黒ナンバーを取得するためには事業を行っている必要がある
  • 緑ナンバーを取得するためには自動車運送事業を行っている必要がある
  • 緑ナンバーの取得には費用がかかる
  • 黒ナンバーを取得するためには貨物軽自動車運送事業を行っている必要がある
  • 黒ナンバーは簡単に取得できる
  • バイクは黒ナンバー
  • 緑ナンバーと黒ナンバーは税金は安いが任意保険は高いし車検の頻度も高くなる